男女

病の悪化を防ぐ

レディー

鬱病は初期症状の段階で病院に足を運んだ方が治りが早くなります。そのためにも自身の「プチ鬱」状態が本当の病ではないかしっかりチェックするようにしましょう。鬱病をチェックするためのシートはインターネットにも落ちていますので活用してみましょう。

Read More...

早期発見を望む場合

疲労

鬱病を疑う症状が発生している場合、チェックシートを使ってまずは自身の状態を調べてみましょう。結果が黒だった場合病院に足を運ぶ切っ掛けになります。一方こうしたチェックは病院に通ってこそ意味を持ちますので、自己判断で終わらせないようにしましょう。

Read More...

病気が疑わしい場合

顔を押さえる女性

自身の心身に不調を覚える場合、鬱病のチェックシートを使って病気になっていないか調べてみましょう。人間が鬱病になる原因は身近な場所に転がっているのです。鬱病の初期症状はストレスを感じた時と同じように胃痛や睡眠障害などが発生します。

Read More...

どのように診断するのか

相談

早めの診断が重要

鬱病は近年、日本社会だけでなく世界中で深刻な問題になっています。鬱病により社会に出ることができず、また基本的な日常生活が送れなくなったり、病気を患ったり、時には自分を殺めるという行動に走らせる恐ろしいものです。鬱病の予防や深刻化を防ぐためには一秒でも早く行動に移すことが重要です。鬱病の悪化は非常に早く進んでいきますが、逆に治療を施して回復させるには長い時間を要します。疑いがある場合はすぐに病院の専門医に診てもらうことです。 もし自分が鬱病かどうかわからない、特に症状が出ているとは思えないという人は気軽な気持ちでセルフチェックをしてみることも有効です。もちろんこれは医学的な診断結果になるものではありません。しかし、セルフチェックをすることで鬱病を防ぐための行動を心がけるようになり、予防できる他にも深刻になる前に対応することができます。日ごろ自分では気づいていなかったことが見えてくることもあります。また、鬱病への知識や理解が少なく、精神科や心療内科にいくことを躊躇する人たちも多いためセルフチェックの結果が病院に足を運ぶきっかけになります。もちろん、セルフチェックを鵜呑みにすることなく鬱病の可能性があると感じる人は病院で診てもらう必要があります。鬱病は診断することが難しく、自分や家族が鬱病であることに気づくことは非常に難しいため国際基準に基づいた専門家の診断を得ることは大変重要なことなのです。

診断の方法とその進歩

鬱病の診断には主にWHO(世界保健機関)のICD−10と呼ばれる国際疾病分類と、アメリカの精神医学会によって作成された精神疾患の分類と診断の手引きという国際基準に基づいて実施されます。それらの基本的な項目では憂鬱に感じる、喜びを感じないなどがあります。また体重の著しい減少や増加がある、不眠もしくは睡眠過多イライラするといった症状も項目に含まれています。さらに動作が鈍くなる、罪悪感を抱くことが多い、思考力の低下と集中力の減退も顕著になるケースがあります。最悪の場合、死や自殺について考えるなどがあります。まずこういった症状が5つ、またはそれ以上が2週間以上続いていて生活に支障をきたしている場合は鬱病と診断されます。基本的に専門医との会話から症状を洗い出し、基準に基づいて診断されます。これに加え、近年では機械を用いた客観的に診断しようとする動きも出てきています。例えば、光トポグラフィー検査を採用しているところもあります。これは近赤外線を用いてヘモグロビン濃度を割り出し、脳の表面の血流の状態をグラフ化します。それを疾患者のパターンに当てはめて診断をするものです。また、血液検査による検査もあります。血液中のリン酸エタノールアミンという物質の濃度で鬱病を診断します。この濃度によって進行度や回復度がわかります。このように鬱病が世界中で深刻化していく中さまざまな機関で客観的に診断し、治療していくための研究や実験が進んでおり、新しい方法が開発されているのです。発展途上の段階ですが、今後もこの動きは活発になっていくでしょう。