ドクターとナース

病気が疑わしい場合

顔を押さえる女性

病気に気付く

鬱病のきっかけは人によって様々です。虐待やイジメなど人間関係の問題から発症する人が存在する一方で、睡眠不足から発症してしまう人も存在しています。それだけ人が鬱病になる原因は身近なところに転がっていますから、心身に不調を感じた場合はチェックが欠かせません。鬱病のチェックを自宅で行なう場合、チェックシートを見てみましょう。いくつかの項目に答える事で、自身が鬱病にかかっているかどうかが分かります。こうしたシートはインターネットや鬱病について記載した本についています。チェックシートは個人が作成したものもありますので、医療的な裏づけがないものはあまり使用しないようにしましょう。不安な場合、複数のチェックシートを使用して自身の症状を客観的に見る事が大切です。気分障害の診断は難しく、病院に行っても医師によって異なる診断を下される場合があります。そのため気になる症状が現れた場合は自己判断で済ませず病院へ通いましょう。むしろチェックシートは、そのためのきっかけに過ぎないのです。また一つの病院で下された診断に納得できない場合、別の医師の下でセカンドオピニオンを受けると良いでしょう。精神に関わる病は医師を信頼して治療に臨む事が欠かせません。特に自分自身の胸の内をさらけ出したい場合、良い医師に巡り会っていなければ話すべき事も話せないのです。そのためにも複数の病院を視野に入れる事は大切です。信頼できる病院は一度に大量の薬を出しませんので注意しましょう。そうした病院は儲け主義に走っている可能性があります。

初期の内に動く

うつ病の初期症状と言えば抑うつ状態が代表的ですが、他にも身体に異常が発生する場合があります。例えば胃痛や食欲不振は代表的です。鬱病は精神的ストレスやプレッシャーから発症する病気でもありますので、神経的な症状として良く現れる症状が代表的な初期症状に数えられているのです。同様の症状としては睡眠障害や下痢、めまいなどが発生する場合があります。また以前は怒らなかったような些細な事で苛立ちを覚えたり逆に意識が高揚する場合も鬱病チェックを行ないましょう。鬱病の中には双極性障害と言う躁病とあわさった種類が存在しており、抑欝状態以外の症状も発生するのです。他にも重篤な症状では集中力が欠如したり記憶障害が発生します。これにより普段はこなせていた仕事でミスを連発したり、簡単な調理が行なえなくなってしまうのです。このような症状が現れた場合事態は深刻ですから必ず病院へ足を運びましょう。鬱病を放置していた場合、自分一人の気の持ちようではコントロールできないほど気分が落ち込み、社会生活が送れなくなってしまいます。症状が重度になれば仕事も手に着かなくなりますのでそうなる前に医師の下で治療を受けましょう。鬱病には使用できる複数の薬が存在していますので、状態が軽度であれば特に効果的です。病院で適切な治療を受けた場合、社会生活を送りながら病気を完治できるケースも少なくありませんので安心しましょう。できるだけ周りの人達からサポートを受けつつ病気治療に臨みましょう。