ドクターとナース

早期発見を望む場合

疲労

調べる方法

鬱病のチェックは家にいながら行なう事ができます。医療関係の本やインターネットに落ちているチェックシートを使用する事で、自分自身に現れている症状が鬱病なのかどうか自己判断できるのです。こうしたチェックは病院に足を運ぶ時間がない人にとって特に意味を持つものです。仕事や育児で忙しい場合日中自由に時間がとれませんから、まずはチェックシートを使って自身の状態を客観的に認識してみましょう。また病院に足を運んだ場合お金がかかりますので、明確に鬱病にかかっているかどうか理解した上でそうした場所に行きたい人にとっても効果的です。自ら鬱病をチェックする上で気をつけたいのが素人判断の問題です。気分障害は複雑な病であり、複数の項目に該当しても鬱病ではなかったり、逆にあまり多くの項目に該当していないのに鬱病に罹患している場合があります。従って、チェックシートでは問題がなかったけれど突出した症状に苦しんでいたり日常生活を送る上で不安を抱えている場合は早期に病院へ行きましょう。こうした病は早く治療を始めるほど効果的な結果を得られるのです。自分で自分の状態を鬱病だと認識するのには意味があります。例えば鬱病は集中力の低下を生み出す病ですが、こうした問題を病気として認識していなかった場合自分自身を責めてしまうのです。正しく病気による症状だと知る事ができれば余計な悲観を防ぐ事ができますし、治療を進めて効果的に改善させられるのです。そのためにも自身の心身に異常を感じた場合まずは鬱病チェックを行ないましょう。

病院選び

人間の精神は身体に大きな影響を与えます。ストレスやトラウマは鬱病だけでなく自律神経失調症や離人症など多様な病を引き起こすのです。そのため自分の状態を自己判断で決め付けた場合、いわゆる誤診してしまう事もありますので注意しましょう。チェックシートはあくまでも病院に足を運ぶためのきっかけ作りですから、それにより自分の状態を決め付けてしまった場合ネガティブな結果を生み出す事もあるのです。チェックシートで気になる結果が出た場合きちんと病院に足を運びましょう。例えば鬱病では眩暈や頭痛などが出る事がありますが、こうした症状は自律神経失調症でも発症します。しかしこの二つは異なる病ですから、別の治療を受ける必要があるのです。心療内科や精神科に足を運べばどちらの病にかかっていたとしても適切な処置を施してもらえますので安心しましょう。しかしなかには鬱病が原因で胃痛を感じているのに胃腸科に足を運んだ場合適切な治療を施してもらえない可能性があります。このような場合、まずは自分で鬱病をチェックする価値が高いと言えるでしょう。チェックで気になる結果が出たら足を運ぶ病院を心療内科に変更すると良いのです。また気分障害にかかっている人の中には特定の病気と別の病気を併発している方がおられます。このようなケースもある事を踏まえた上で鬱病を自己チェックしましょう。鬱病の中には双極性障害と言う躁病とあわさった病もありますので、このような病気であればテンションが上がっている時期も少なくありません。